だいじょうぶnet.ニュース
ニュース

「高校進学ガイダンス資料」利用にあたってのお知らせ

2012.06.04

HANDSプロジェクトでは、毎年「多言語による高校進学ガイダンス」を開催しています。会場では、日本の教育制度や栃木県における高校入試の仕組みなどについて、基本的事項を説明した資料を配布しています。資料は日本語・ポルトガル語・スペイン語・中国語・タイ語・フィリピン語・英語の7カ国語を用意しています。

この資料について、「知り合いの親子に紹介したい」「学校で面談時に使用したい」「他の言語の資料も欲しい」など多くの要望を受けました。そこでこの度の『続・外国につながる子どもの教育』刊行に合わせ「だいじょうぶnet.」にアップロードしました。

この資料は、日本の学校制度や高校入試の仕組みを知らない外国につながる子どもや保護者を対象に作成しましたので、その内容はごく基本的な事項に終始しています。また、高校入試の細則は毎年見直されるため、実際の進路を考える際にそのまま利用すると正確さを欠く恐れが生じます。

利用にあたっては次のことがらに留意してください。

 

1.実際の進路を考える際は、中学校が所有する最新の入試細則を基にしてください。

2.進路についての話し合いは、出来るだけ早い時期に学級担任など学校の教員とおこなってください。

3.栃木県以外の方が利用する際は、制度面で大きく異なる部分がありますので十分注意してください。

 


ご相談・お問い合わせはこちら
PAGETOP