だいじょうぶnet.ニュース
ニュース

「続・教員必携 外国につながる子どもの教育」刊行のお知らせ

2012.05.30

昨年度刊行の「教員必携 外国につながる子どもの教育 Q&A・翻訳資料」に続く第2弾、「続・教員必携 外国につながる子どもの教育」が刊行されました。

今回の内容は大きく2つに分かれています。第1部は「外国につながる子どもの教育の原点とは何か」と題し、「安心」「日本語」「学習意欲」「連携」「情報提供」の5つのキーワードを解説しています。学校現場の教員をはじめ外国につながる子どもの支援に当たるすべての人たちに向けた、直球のメッセージが綴られています。

第2部は「進路調査・帰国調査報告」と題し、HANDSプロジェクトで実施した栃木県外国人生徒進路調査結果の分析と考察や、ペルーに帰国した子どもの教育事情報告が収録されています。

そして巻末資料として、HANDSプロジェクト主催行事「多言語による高校進学ガイダンス」会場で配布した資料を掲載しました。これら6カ国語(日本語・ポルトガル語・スペイン語・中国語・タイ語・フィリピン語)の資料は、本ホームページ「資料ダウンロード」コーナーからもご覧になれます。なお、高校入試に関する細則は毎年見直しが行われますので、本資料は最低限の情報としてご活用いただき、具体的な進路の話し合いは学級担任などとおこなってください。

前作「必携〜」同様、栃木県内の小中学校には1部無償で配布させていただきます。各市町教育委員会を通して6月初旬に配布完了予定です。また、従来通り個別の配布依頼にも対応しておりますので、「ご相談・お問い合わせ」コーナーよりご連絡ください。

 

 


ご相談・お問い合わせはこちら
PAGETOP