だいじょうぶnet.ニュース
ニュース

【刊行予告】第2弾『教員必携 外国につながる子供の教育』

2012.01.18

昨年4月に刊行した『教員必携 外国につながる子供の教育 Q&A・翻訳資料』は、「だいじょうぶnet.」を通して北は岩手県、南は沖縄県から多くの問い合わせをいただきました。その利用者も教員に限らず支援員として関わっている方から、地域で日本語教室を立ち上げている方、教育委員会など行政関係の方々まで幅広いことがわかり大変嬉しい思いです。また、昨年10月に実施した「利用状況調査」ではたくさんの方々から貴重なご意見をお送りいただきました。この場を利用してお礼を申し上げます。なお、『教員必携 外国につながる子供の教育 Q&A・翻訳資料』の無料配布分はまだいくらか余裕があるようです。ご希望の方は「お問い合わせページ」よりご連絡ください。

今回HANDSプロジェクトでは、『教員必携 外国につながる子供の教育 Q&A・翻訳資料』の続編として、日々の指導に役立つアイデア集を作成しようということになりました。「具体的な支援方法が知りたい」「限られた時間の中ではニーズに合った指導が出来ず歯痒い」という思いは、学級担任や支援員だけでなく経験年数の浅い外国人児童生徒教育担当者にも共通していることがわかりました。そして、苦し紛れに行われている「その場しのぎ」の指導が、外国につながる子供の将来につながっていないことも強く感じました。「誰にでも出来るやり方でいいから子供の将来を思って継続的に支援できるアイデア」を合い言葉に、3月末の完成を目標に作成中です。(若林)

 


ご相談・お問い合わせはこちら
PAGETOP